大分市のピュア整骨院奮闘記

2018年1月21日

全国2位の高評価を頂きました!!

こんにちは!大分市羽屋のピュア整骨院です!

 

口コミサイトにて全国2位の高評価を頂きました!!

 

 

患者様のお喜びのお声をこれからも頂けるようスタッフ一同、日々精進いたします!!

お身体の不調もは些細な事でもお気軽にご相談ください!

全力でサポートさせていただきます!

 

2018年1月20日

大分市在住 T様の腰痛(ぎっくり腰)が改善いたしました。

こんにちは!大分市羽屋ぎっくり腰腰痛)の治療を行っておりますピュア整骨院です。

 

本日ご紹介するのは、大分市在住のT様の症状改善事例です!

 

 

T様は年末の大掃除の際に家具を抱えた際に、腰に痛みが走り、それから中々痛みが取れないと今回インターネットで当院を見つけ、ご来院されました。

今冬の連日の寒さにより全身の筋肉も縮こまってしまい、腰への急激な負担でぎっくり腰になられてしまったようです。

まずは、炎症をハイボルト治療で即座に取り除いた後は、筋肉を和らげていき元々の動きを取り戻しました。

しっかりと筋肉の柔軟性を高めていき、そしてそれからさらに骨格を正しい形へと整えていきました。

痛みを取り除いた後は、骨盤矯正にて骨格を矯正していき、痛みの原因を取り除き、再発予防の治療も行っていきました。

 

T様も「腰の痛みがなくなって、すごく助かっています。」

と、喜びのお声を頂きました!

 

冬になると筋肉が固くなってしまい、突然のぎっくり腰などが起こりやすくなります。

そういった予防をするためにも骨格を正して、姿勢を整えていき、筋肉を伸ばして、十分な柔軟性を確保しておく事が大切です。

ご自身の身体の状態が気になられる方は、是非一度、ご来院くださいませ。

寒い時期にこそ、お身体のケアが大切になってきます。

全力でサポートさせていただきます!

 

ピュア整骨院 アクセス情報

  • TEL:097-545-8260
  • 住所:大分県大分市大字羽屋538-1
2018年1月19日

スポーツでの足の怪我について

こんにちは!大分市羽屋ですシンスプリントジャンパー膝などのスポーツでの怪我治療も行っておりますピュア整骨院です!

 

 

近年のランニングブームですが、ランニングで体を故障する方も少なくありません。

体の故障の理由は、頑張りすぎや自己流の誤ったランニングフォームだと言われます。

しかし、本当にそれだけでしょうか?

性能の良いシューズを準備したり、ランニング教室に通ったりすれば、体の故障は本当になくなるのでしょうか。

ランニングで体を傷めた方を施術してきて思うことがあります。

筋力がないとか柔軟性が足りないといったことではなく、故障しやすい体だと言っても良いかもしれません。

故障しやすい体で、いくら筋トレしてみたりストレッチしてみても、一時しのぎにはなるかもしれませんがいずれ故障します。

ランニングにおいて故障しやすい体は、どんな状態になっているのでしょうか。

これを知っておけば、取るべき対策も見えてきます。

具体的に見る部位は、以下の通りです。

・足、足関節、足趾

・膝・股関節、骨盤

・上半身

まずは、これらの部位がどういう状態かご自身で確認されると良いです。

最初はそれぞれの部位の見た目がどうなっているかを基準にみていくとわかりやすいです。

それではどうみていけば良いか、各部位ごとに解説していきます。

ランニングは足部への負荷が大きい運動です。

ただ、足部は負荷に耐える構造を持っています。

それは、土踏まずに代表されるアーチ構造です。

アーチは上から下に向かう力を支えるのに適した構造です。

垂直方向にかかる荷重を利用して構造を維持するのがアーチの特徴で、しかもある程度の可動性のおかげで衝撃を逃がすので、負荷が増えた程度で体を傷めることは少ないです。

しかし、垂直方向以外の力にはそれほど強くないので、そういった力が継続的にかかるとアーチはバランスが崩れてしまいます。

ランニングでの地面からの衝撃と自身の荷重を、足部では耐えられないため他の部位で耐える必要が出てきます。

なぜ、アーチがバランスが崩れた力が掛かるのか、

まずは、アーチがつぶれた状態がどういったものか解説していきます。

アーチのバランスが崩れた状態でまず思い浮かべるのは、偏平足だと思います。

偏平足では土踏まずが減少しますが、足部の筋肉が発達しすぎて土踏まずを埋めてしまっていることがあります。

もちろん、これは偏平足ではないので、土踏まずの有る無しで判断するのは難しいんです。

その他には2箇所みるところがあります。

1つ目は踵(かかと)です。これは、1人では難しいので誰か身近に方に確認してもらえると良いです。

手順としては、

1、みてもらう方は左右の内くるぶしを付けて立ちます。

2、その状態で後ろから踵とアキレス腱を観察します。

3、踵は後ろから見ると、アキレス腱に対してほぼ真っすぐに配置されますが、踵がハの字型に倒れている場合は異常です。

逆ハの字型に倒れている方もいらっしゃいますが、ランナーではハの字型に倒れている方が多いように思います。

踵はアーチ構造の支柱になっているため、本来の位置より傾きがあるとアーチが破綻する要因になります。

2つ目は足趾です。これは1人で観察できます。

手順としては、

1、左右の内くるぶしをつけて立ちます。

2、その状態で足趾を観察します。

3、足趾は足を揃えて立つと真っ直ぐ前を向くはずですが、足趾からつま先に掛けて外側に向いてしまっている場合は異常です。

足趾が外側に向くのは、踵がハの字型に倒れることによって起こります。

つまり、アーチが崩れている可能性があるということです。

 

扁平足(足底筋膜炎)やスポーツによる怪我、足の痛みもお気軽にご相談ください!

全力でサポートさせていただきます!

ピュア整骨院 アクセス情報

  • TEL:097-545-8260
  • 住所:大分県大分市大字羽屋538-1
734ページ中1ページ目

お電話のお問い合わせは
こちらから

お気軽にご相談ください

お気軽にお問い合わせ下さい 097-545-8260
夜8:30まで受付